中国国際結婚のパイオニア東京都中央区銀座結婚相談所・東京国際交流協会 国際結婚(中国)事業本部

中国 国際結婚で24年の実績の東京国際交流協会

国際結婚(在日中国人、現地中国人)は東京国際交流協会にお任せを!

中国都市部・在日中国人女性との国際結婚老舗の東京国際交流協会がお手伝いをします!

中国国際結婚のパイオニア東京国際交流協会サイトメニュー






■中国国際結婚のことは
東京国際交流協会
東京都中央区銀座1-19-3
ユリカビル601
TEL:03-6228-6266
営業時間:11時〜18時
定休日:火・水曜日

日本での中国国際結婚の現状

2011年9月に発表された厚生労働省「人口動態統計」によると日本国内での結婚総数は700,214組で、そのうち国際結婚(夫 妻のいずれかが外国人)は30,207組、中国人との婚姻は11,072組でした。割合だと全婚姻の4.31%が国際結婚、1.58 %が中国人となり、国際結婚のの中では36.65%が中国人との結婚となっております。一都三県だと2.30%が中国人(国際結婚 の中では38.82%)と婚姻をしております。
それが我々が創業した当時の1989年は、婚姻総件数が708,316組、国際結婚が22,843組、中国人との結婚が3,905 組でした。現在と比べると婚姻総数が減少しているにもかかわらず、国際結婚は約1.32倍、中国人との結婚にいたっては2.84倍 と大幅に増加しております。そして現在では日本国内で20組に1組が国際結婚(中国人との結婚は50組に1組)、東京都内では15 組に1組が国際結婚(中国人との結婚は38組に1組)となっています。このような状況の中、東京国際交流協会・東京ブライダル協会 では1989年創業以来、中国人との国際結婚を中心に数多くのカップル誕生を見守ってきました。もちろんアフターケアについても万 全を期しており結婚後の各種相談も充実しております。

 

結婚総数 

国際結婚数
(夫妻の
いずれかが
外国人) 

国際結婚
の割合 

中国人との
結婚件数
(夫妻の
いずれかが
中国人) 

中国人との
結婚割合 

国際結婚の
中での
中国人
の割合 

1970年 

1,029,405 

5,546 

0.54% 

475 

0.05% 

8.56% 

1975年 

941,628 

6,045 

0.64% 

817 

0.09% 

13.52% 

1980年 

774,702 

7,261 

0.94% 

1,106 

0.14% 

15.23% 

1985年 

735,850 

12,181 

1.66% 

2,146 

0.29% 

17.62% 

1990年 

722,138 

25,626 

3.55% 

4,322 

0.60% 

16.87% 

1995年 

791,888 

27,727 

3.50% 

5,943 

0.75% 

21.43% 

2000年 

798,138 

36,263 

4.54% 

10,762 

1.35% 

29.68% 

2005年 

714,265 

41,481 

5.81% 

12,659 

1.77% 

30.52% 

2006年 

730,971 

44,701 

6.12% 

13,215 

1.81% 

29.56% 

2007年 

719,822 

40,272 

5.59% 

12,942 

1.80% 

32.14% 

2008年 

726,106 

36,969 

5.09% 

13,223 

1.82% 

35.77% 

2009年 

707,734 

34,393 

4.86% 

13,719 

1.94% 

39.89% 

2010年 

700,214 

30,207 

4.31% 

11,072 

1.58% 

36.65% 

最近の中国国際結婚実状

中国国際結婚を取り巻く環境は、ここ数年で大きく変化してきました。大きな原因として、目覚しい中国経済の発展で、留学先などは日本よりも欧米を選ぶ傾向が強くなっています。結婚についても同様でわざわざ日本人と結婚するよりも中国にとどまり、自国の人だったり、他の国の人と結婚する傾向になっております。特に、今までなら年齢が20歳くらい離れていても国際結婚が可能だったのが、ここ1年で状況が大きく変化し難しくなってきました。また年齢以外にも男性に対して求める条件も高くなってきています。
在日中国人女性についても同様のことがいえ、更に求める条件は高くなっております。
このようなことから弊社では、

今が中国国際結婚のチャンスの時期

と考えております。